背中の耳

先日ネゲプロを終えて音作りに関して物凄く勉強させられた。そもそもの音作りも全然出来ていなかったし何より中音と外音の感覚が全く違う事に驚かされた。Liveでの中音は割と音量を小さめでセッティングしていて自分が気持ちがいい音色を作っているつもりだったが外で聞くと全く違った。とにかく高音が痛い。

 

「背中の耳を育てろ」

 

そう言われた。背中で聴く音が外ではどう聴こえるのかわかるようになれと言う。背中で聴こえる音が若干丸くこもって聴こえていてもそれが外やモニターからは綺麗に抜けている事が多いらしい。プレイヤーとして演奏して客目線でLiveを考えろと言われた。自己満足で自分に聴こえる音だけを気持ちよくしていてはいつまで経ってもダメだったみたいだ。というか背中の耳を育てろっていうのはその音を気持ちいい音だと認識できるようになれという言葉だったのだろう。でも外音を作るPAを信じる事も大事とも言われて自分の中にクエスチョンマークが浮かんだがきっとまだ気付けていない領域なのだろうと思った。

 

 

実際ゲネプロでは物凄く綺麗に抜けていて格段に音が良くなったように聴こえたが後日スタジオに入って同じセッティングで試してみると音自体は素晴らしかったがやっぱりなにか丸く埋もれて聴こえてしまうような気がした。

だがこれでいいのだろう。

背中の耳を育てるのにはまだまだ経験と知識が足りないみたいだ。

 

 

他にも色々とアドバイスを受けたが書き出すとキリがないので今日はこの辺で。