東京は15日連続の雨

週に2日のスタジオの為にクソの役にもたたない仕事を黙々とやり続け、金銭的に厳しくなったら返すあてもない金を女に借り、奢ってもらったハンバーガーを食いながら涙を流して更に惨めになる。

ここ最近は涙も薄っぺらく感じる。

 

友達といえばバンドメンバーと大阪に1人東京に1人。片手で数えられてしまう。でもそれでよかった。安っぽい奴らは本当にごめんだ。

地元の奴らが東京に来ているからと渋谷に来いと招集がかかったが行く気になんてなれなかった。どうせ人数合わせだし、行っても朝までクラブかなんかに入るだけだ。本気で誘いたいなら東京に来る前に連絡をよこすはずだしそうゆう奴らは後々都合のいい時だけ連絡をしてくる奴らだろう。絶対に無視してやろうとおもう。

ただそれでも心の拠り所みたいな物を求めてしまうから悲しくなる。

おれだっておかえりのキスからの優しく微笑んでご飯にする?お風呂にする?それとも…とか言われたい。てか帰ったらご飯ができていてほしい。

 

 

最近は1人になるともっぱら将来の事を考えてしまっている。おれはどうなってしまうのだろうか。何十年も表舞台で音楽をする気になんてなれない。

3枚。これが理想だと思う。4枚以上出すほどおれには才能もない。頭もおかしくなってくると思う。3枚完結で全てを出し尽くすと思う。その後はどうなるんだろうか。結婚でもしているんだろうか。そろそろ幸せになってもいい歳なんではないだろうか。逆に大切な人が居なかったらどうなってしまうんだろうか。首でも釣って全てを終わらしてしまうのだろうか。1人なってなにも残らず更に辛い人生を死ぬ事もできず無駄に生きているのだろうか。

それは考えただけでもあまりにも怖くなってしまうから考えたくなかった。

 

 

大変な世界に足を突っ込んでしまったとたまに思う。底なし沼のように1度突っ込むと吸い込まれていく。怖くなって手足をバタバタさせるほど早く沈んでいってしまう。残された時間の中できっちりやる事を見つけて沈んでいくしかないのだ。そうゆう世界だった。でもそれは自分の人生の価値観になんだかマッチしているように感じた。意味も無く生きていくぐらいなら終わりと分かっていながら生きていく方が気楽に感じる。

心を言葉にする度に何だか薄っぺらく腐っていくように感じるけどこれが今の自分の精一杯の表現なのだろう。

 

コーヒーでも飲んだら家に帰って曲を書こうと思う。そういえば東京は15日連続の雨らしい。8月に入って毎日雨なんて…なんだか同情されている気分だ。